2018年6月18日月曜日

★注意↓シュレーデンガーの猫と二重スリット実験の合理的な解釈

久々に科学関連の量子力学の根幹の理解を私なりに説いて見たいと思います。EPRパラドックスも含め私なりのエントロピーの理解を極めて分かり易く説いて見たいと思います、先日もツイッターで気まぐれで呟いたことを更に編集して纏めます、相対論もそうですがこれ等の理解は非常に興味をそそる内容となっており、それらを短い文章で分かり易く説く能力は並々ならない深い熟練した洞察力が要求されます、本当はお金を取りたい処ですが、私は無名の専門家ではない、一物理学のファンであり素人の研究者ですから、権威の審査をパスしていない、怪しい分を考慮に入れ、今だけ無料で説明します。前置きを書いただけで疲れて仕舞いました、約束はできカネ!ますが明日辺りを予定しています、私の熱意と少しでもこのブログ等がお役に立てましたら何卒、お札紙下さい(..)お心遣いの方を宜しくお願い致します、何処かに講座→口座番号が打ち込んであります★注意、間違えても百万円や一千万円とかは私の口座に落とさない様に。。(゜.゜)私は最近記憶力が非常に悪くなっております。!  関係ないのですが貧乏人ばかりを狙い撃ちした物価高が吹き荒れています、ミンコフスキー時空間のジオラマの製作費や宇宙を説明するには100円均一のゴム風船では役不足ですから。。このブログを通して良いご円がありますように。
 ★我々の頭上に拡がる畏怖なる宇宙。。この壮大な光景に澄んだ心の眼を向ける時、日常のつまらない他人の言動や煩わしさなど気にせずに居られます。澄んだ心は万人が、共通して持っている普遍的な真理に繋がる客観性が在ると思うのです、偉大で絶大な背後の存在に思いを馳せる時に私は逆上せた己の頭を冷やす事が出来ます、謙虚にならざるを得ない程の圧倒的な理知の存在。この巨大な暗黒の空間にたった一人で放置されている恐怖を。。行く先すら分からない、ちっぽけなわたしを考えるのです。


コメントを投稿