2017年4月19日水曜日


2017年4月11日火曜日

いじくるな!

プロパテーとかいうのをいじるな!適当だがこれでも考えながら設定してんの直感で、低学歴を舐めるな、こんな雑務で煩わすな!

遺伝子組み換えの倫理

AIと違い、これは摂理の試行錯誤の最適な値である 、とした場合、反動が来るのは本能的に分かる 命の解明も出来ない人類が物理的に許されるからとてかなり不味い 多分、思念と言う悪意が働くと何らかのエントロピー的な、波動が、隠れた作用で害を及ぼすと言う科学的な仮説が私には在るのです 書物をひっぱり出せば能書きは語れるがその内に最新最先端分子生物学を語ります twitterでも述べましたが格差の問題の核心部分は競合したり、共有圏の領域範囲での闘争が必然的に起きる この場合その落差分の歪みの反動分無秩序な乱動が予想されます であるからにして生物の体系は個別範囲で大まかに自己の保存を維持しながら飽和しているとできる。枝分かれ的に、樹木の様な体系です このパイプラインが必要です 貧富だけではなくインテリジェンスについても云える 信じられますか?(女性の方は悪くは思わないで貰いたいのですが真実です得て不得手の問題です)孫まで居る 分別ある 大半の女性はなんと、確率の概念が無いと聞きました 株や保険や宝くじをするのにです!買い物も極端に値段を信頼ある政府の元で一時的に10倍くらいの値段にして身体で世の中の動向を分からせる必要を感じます!愛の(無知)鞭です 再度、運転は感情では出来ません!女性の扱いは難しい、、包容すればつけあがり、厳しくすれば黙り込み予測不能の不確定性的な振る舞いを致します理屈や理論体系が無いのであります!私は今は非常に苦しい立場に立たされているのです!体感してください!言語が、意図が、焼き付かないんです!

2017年4月3日月曜日

光行差は2次元の壁面に投影反映された様相の意味合い

この様に重力場と自由落下に於て重力加速度と理屈が等価と睨んだかつてのアインシュタイン博士の直感的な予想が利便性を発揮したように光行差現象は実素球体のシャボン玉の2次元住民に同化しへばりついた観察者視点mの進行方向の対極点が事実上の特異点やブラックホールと想定した場合見掛けの上ではシャボン玉球体の中心を経由して最果ての直径は多仮想素球体(シャボン玉のイメージで)の全ての方向に自由度を持った半径となりますが、これはスピードアップに伴い進行方向に周りの★星ぼしは、つまり移ろいゆく様子はまさしくシャボン玉の中心方向にを貫き観た内壁球体のスクリーンをブラネタリウムがイメージし易いでありましょうから喩えますが重力方程式の反映であります!何故、計算せずとも予言出来るかと言いますと、再度、大切な、忘れがちな初心の一般相対性原理であります、これはホログラフィ原理的な宇宙論の考え方となんと同じなのでありました!パズルの断片は絵画の額の縁だったのであります。皮肉と云いますか。。光の電磁波は再度、意外かも知れませんがエネルギーがm モノに当たって網膜に到達致しますから量子力学的な波動関数の見えない鋳型的な存在の理論上でしか推し量れない存在の濃淡的な確率の様な理解であります、実素球体に同化しへばりついた我々の住む3次元と時間軸を含めた4次元に措いてシャボン玉の拡小が4次元方向に密接に絡み合いリーマン幾何学の概念を形成して居るとも出来ましょう3次元は2次元と相対論は語りますから、3次元は2次元押し込まれ4次元は3次元と出来ますと地球上をシャボン玉の2次元に喩えますと岩盤マグマを抜きん出て貫通出来る存在は質量を完全に移動拡散に100%開放し動かしにくさを無くした質量ゼロの存在なのであります!故に三角法に拠ると宇宙はほぼ平坦なのは驚くに価しませんでした。最後に対極点に★星が移ろい落ちて見掛け上は見える、2次元スクリーンに換算した移ろいは方程式を反映しているはずです!光行差は立ち位置に因らず重力場そのものなのです、以前にもエネルギーが塊で帳尻合わせを施行しているとブログにも考察記録がありますが正に然りであります、では重力が幻影としても、移ろう反映は何が起因しているのかでありますが!エネルギーを持つ視点塊、意図も含め流転幅を持つ4次元の何かであります。ここで一度筆を置きます。
 新相対デルタクロイツ!勝利と栄光の私が22歳の時に拵えた夢の富と栄光と繁栄と崇高な刻印です!科学とは関係がない男の無邪気な夢であります。


2017年3月31日金曜日

実素球体の考え方と予言。ラプラスの歯車の一部。紙芝居宇宙論

http://blog.goo.ne.jp/bqbq69in





http://blog.goo.ne.jp/bqbq69in にてブログを更新しました!実素球体

2017年3月25日土曜日

1般相対論 実素球量子論法 秀のやしろ宇宙システム: キリスト教の今後の読み方

1般相対論 実素球量子論法 秀のやしろ宇宙システム: キリスト教の今後の読み方

2017年3月24日金曜日

キリスト教の今後の読み方

  • キリスト教の聖書や各教団のあり方についてこのように科学的に考えたり希望的なこじつけは寧ろ神への確信を人々を遠ざけ非常に心を弱くし自暴自棄に誘発する危険性がある。科学の本ではないし歴史書でもないと筆者は思うのでります。神は因果律を超越した概念と考えるべきであり、背理法的な見地から考察すべき対象者であると考えます。この宇宙にゼロではない確率の存在の報酬が無限の幸福と考えると神にかけるのが合理的なのは語るまでもない、そしてその至高者がどの書物に反映されているか⁉と言う事である。聖書は非常に矛盾だらけでありましてどうにでも解釈出来てしまうのであります、よくある科学と合致したビグバンと聖書の初めに神は光りあれというこじつけは危険であります。一字一句忠実に読むべきモノではありません。他にも似たような句が沢山在りますが。感じたまんまの心で感じたまんまで読めばよいのです。時代的な差ではなく神を信じた人の唄であります。時代による解釈を望むわけではない!神は啓示を変えるわけはない。言葉の相矛盾した言語を都合で解釈しているに過ぎない訳である、この現実を前に信じたいが故の誤魔化しを甘んじて妥協してしまう、これは非常に良くない情緒を受け入れることになるのであります。聖書は長きに渡り40人くらいの人のそのあらゆる時代の様々な社会的地位にいた人たちの短編を選別してまとめたものとされています。一貫性はありませんし単に神を信じていたい人らの言葉にすぎない。神を信じる根拠は沢山在ります、それで十分なのです神の概念は善良で一番強く愛の極限であり自存出来て誰よりも強く最高な存在で見えないが人の心と融合する存在している存在であり。背理的な見地から説く時代なのです私はそれでだからこそ確信を持てるのであります。何かがあると合理的理由が最低限確実に自信か在り私は心が澄んでいるのです。自己を決して偽らないからであります。●追筆=2014年の天体現象は何かのやはり強烈なしるしと考えます。あれは奇跡ではないが奇跡に近いと言えます。人工的な操作の範疇ではないし、実例、ユダヤ、キリストの言葉、確率的な見地、タイミング、NASAによる確たるデータ、あれを見た我々は偶然では済まない程の事象である1年半で6回ユダヤの行事に合わせて皆既日食や皆既月食が連続で起きた!事前に外国の牧師が気がついて、現実に起きた訳である。記憶では500年に一度あるかないか処ではない!さらに低いはずである。私は正直にあれに気がついて確信的な気持ちになりました!あれが見えない者は心が鈍いといわさるをえない!聖書は生きる基軸な方程式な心構えは全ての時代に当てはまる哲学ともなる。地獄の永劫苦の概念は私は生理学から否定しています。永劫苦の教えは何ら生きる意味でのメリットはなく。悪党神父にとっての都合がよいだけである!応援している僕のブログにも考察記録が在りますが。あなたが希望の無い永劫苦にいくのなら私が代わりに行くと神とあなたに確約してもよい!断言します。