2018年1月22日月曜日

再掲、相対論の理解

アインシュタインの基本的な数式は【2016.12/3日,早朝】T,t=対象の時間の伸びる倍率は?ヲ意味する】【M,m=通常,質量は相対速度で元の静止系の時に測った時の,光線の1秒間で進むC=(通常1秒間で進む光の距離とか奥行や時間の長さヲ定義する 相対速度ヲ満たす迄に、又は推しやるのにどのくらいの力のエネルギーが、要るだろうか?静止時に予め計算しておく必要がある 質量が、粘質性ヲ帯びるので古典力学の計算に沿わなくなる=困るので、空気中から水中に変わるイメージ。。難くなる、がたく、なるので要るだろうか必要になるのか)を意味する、数式と言う表現の言語です、特定の決まり事や規則があります!順番があるが数式が本質的に物理現象を扱い表現するには音楽の作曲は良いのが出来たが、、より多くの人々に奏でてもらい、効率良く活用し世の中の役に立ててもらい(•権で多少脳の消費カロリーくらいの飴玉は要求出来るですね•)為の作業です 曲は出来たが♪音譜ヲ付ける作業です!●君らや僕ら(創造宇宙開発理論物理科学者)にすれば本来は雑用係の仕事なのですが触りくらいは根幹の本質ヲ数値は知る必要はあるのだ】mo=1/1-(√V/c)2 乗の意味はv=対象とするものの場の相対速度の意味だ!m=これには必ず質量が、存在するからね 次  太古の賢人ピタゴラスの発案した定理です 三角関数とか三平方の定理とか呼ばれているらしいぜ!この数値則が一番役に立つんだ!何を意味するかと言うと!v=←⊿ →こう言う直角三角形が必ず、あるが理屈の上では物は進行方向に移動するので系の内部では理論上光線はジグザグ←V/\/\/して運動していく、(•要は光線の傾く角度である•)大きさに関係なく対象の場が系を同時刻みヲ、共有し定義しているときの全体が近似的に連なり包括している90度の直角三角形ダ、直角三角形は1必ず一つ含まれている事がツボです、条件である、底辺は光速度=Cに対してmが、何%移動しているのか、つまり測定者に対しての相対速度ヲ、意味する、こいつは必ず、cを、ふりきる事は出来ない宇宙だから、網膜に到達した電磁波ではなく、理論上の、中核の光線を計算する、お互いに最後は静止して宇宙空間に固定され光線で連結された想定上の大地になるし、光線は理論上固定空間にレーザーで、痕跡の焼き印を刻んでいけるのだ!底辺のVは左に←mv進む光速が10個分の長さだ、一辺=10個分の小さい正方形□ダ、!!三角形と言う形の性質は内部の角度の総和は=必ず、(•幾何学の球体表面の二次元ではなく 平坦デスクな面です)=如何なる形を問わず内角の総和は=180内角度となるのですこの変幻自在な一辺とC(•時計ヲ イメージ。約、21時30分から長い針が45迄の自由度があるが45分には光線の針は到達出来ません!•)と定まる変幻自在な、辺と面積と内角が=内角(球体で閃光してシャボン玉が(•対象の光源や視点の球体の中心として)膨張していく玉ねぎ空間の同化した場である)(v=流転時間)(L=空間の距離や長さ奥行きと出来る)2乗と言うのは同じ数字の数の値をもう一度掛け合わせると、仮想の正方形が3個の方向に密着して形成している!大,中,小,正式には辺の長さ2乗=の、面積値(vV+lL=cC)この写真絵図の場合は、縦の謎のLの片道一辺の、長さヲ割り出したい、知りたいのだ!そいつを割り出すには?底辺のv×V=面積値 定数ヲ、一辺c×C=面積値ヲから引いた面積値だ!そいつの(•残りの正方形の升に満たされた水の定量目盛や敷き詰められた角砂糖イメージで残りの面値を正方形に変えると=100面ー8×8=64面=36面です その•)一辺さえ分かれば佳いことに成るでは謎の一辺の、Lの、長さは?ルート記号=√36面積値であるな?こいつの元の一辺は、同じ数をもう一度掛け合わせるとこの面積なので根 ヲ、求めて電卓で基本的には弾く=6辺の長さ×6辺の長さである、と、出る光線は1秒間で100%であるので10と言うCの、一辺との長さで割ると、(•質量の場合はmo=静止していた時の量だ1とも出来る•)光線の伸びた倍率分の床に到達した倍率分が(•縮図な•)凝縮反映された地図だこいつをテコにすればアインシュタイン博士の言いたいことが分かる!10割る6=約1.667倍率です 全ての辺がこの倍率分が拡大する 縦のLの長ささえ分かれば倍率分ヲ、かければ出る 甲=相手の運動移動体の場の立場ではこの倍率分が1秒と主張する空間なのである!なのでこちらが短く舐めて見られているんで調子こいてれば、相手の先方の為でもあるので一度、教育的指導が必要となるのです!(•静止系に戻り互いに検証時の意•)比べさせて比較させれば数値で(•リアル物理現象の違いが浮き彫りになる•)見えるのである把握です光線はこの時に大地の固定空間に焼き印を刻むが残りの20%の空間を光は進む進みきるV=80%が、こちらの見た1秒であるので残りヲ、進みきる推進しやる迄に1.25=80÷100%=1.25秒である 0.6×(•25%•ペコ!•)=であり0.75秒である6の80%であるので4.8ですm(•注))!本当はこの慣性移動の相対速度を造るためにもう既に2.08333倍率、実は増えている増大しているのである!秀のやしろ宇宙システム•参照あれ!•そいの起点から考えているのである!•説く!静止=moこれを1量としてV=80%からか考察しているので2.08333倍率量の、!!、2.08333倍率のエネルギーが要るのです=古典力学では増大質量ヲ考慮視野に入れる必要が無いのだが1の量のmo=がこの状態にするまで2のエネルギーが、要るとするその相手の状態の慣性移動もこちらも同じであるとなる、この起点からの加速度は3になるつまり1の加速度エネルギーですむが、、こう言う様には成らないと言う意味である!•)であるので縦のL10わる÷4.8=2.08333倍率×mo静止して居たときの質量ですこいつを1に置き換えてシンプル、簡易的なほうがよいので、オっカムのカミソリと云います 2.08333=】約倍率ぐらいですね、ちょっと前に家内のにも教えたら習った記憶はあると言うが、忘れていたので教えましたら理解できましたのでピタゴラスの定理を応用できます又あとで!(•その加速度エネルギーヲ満たすための相対速度を満たすために水中のかせの粘質性を帯びると言うことです!古典力学のようにはならないという法則が本来の姿宇宙の性質がこのスピードクラスになると隠れた本来の性質が姿を顕著に露に露見するのでした•言葉は難しい~!•数式など家内でも解けます!



コメントを投稿