2018年1月27日土曜日

私ははぐれ一匹狼のキリスト者

私なりの考えです、私は天国に行きたいから神を広めるのでも、地獄が怖くて福音を広めるのでもありません、私は聖書に惚れてキリスト者になったのでもありません、宇宙の美しさや緻密性、法則の美しさ、また聖書を心で奏でて唄う時や心で思いにふけるときその背後の神に惚れたからであります、私は何処の宗派教会にも事実上は属してはいません、命は罰ではなく賜物ですから、死後に永劫に苛む魂の希望の無い永劫苦は信じてはいません。裁きのあとは永遠の命に入るか無意識なる死があるとかんがえています。
コメントを投稿