2018年1月18日木曜日

●アニメ天国の日本が活きていない●時空間円線図法と秀のやしろ宇宙システムの相違点

以前からこの図法が特殊相対性理論の時空図として応用されていたのはフェイスブックでも以前、紹介した通りです。まず、どのような経緯で新しい理解の仕方を構築したのかは存じませんが、図面の見方が正しい事は確かです。恐らく権威側も認識しているでしょう、それはそれで良いとして、様々な書物を通して、大概がピタゴラスの定理で説かれています。ターレスの定理もピタゴラスの定理を含んでおりますから似た者同士と言えばそうなのですが、物理学の発展に最も重要なことは難解な数式や格式やそのような類いではなく分かりやすく興味を惹き、関心を持って貰い科学の分野がより活性化することと私は心得ます、それはプロである専門書を著してきた方々も同意すると思います。宇宙システム側の図面の主張は光行差は見掛けの重力そのものを現している筈であると言うわたしの身体を張った予言です。様々今まで公表されてきた、論文やら、説が在りますが私には何が何やら全く理解ができません。断片的な数式やら難しい言い回し、読むのにも苦痛を感じる面白味のなさ、それならそれで我々、素人が面白おかしく、誠意を持って発展させて物理学の活性化の為に牽引して行ってと言う気持ちにもなります。ですが物理学は客観性を重要視しますから物理学が俗的な一人歩きをしていくのも考えものです、特に一般大衆と言う存在は権威には非常に弱い側面を持っていて鶴の一声で提唱されている主張などの信頼度が左右されてしまいます、ですが現在専門家の方々ももとをただせば素人だったわけですから。宇宙システムの方はレイザーライトに同化した弾丸を真下に向けて発射すれば人形の円の縁に沿う人形や弾丸は理論上、この縁までしか進めません。いわばわたしの図面と言う数式なのです、どの様な数式になるかはその内示します、表層的に見た場合進行方向に集まる星は重力の方程式を反映しているはずです、それは計算しなくても分かります、初心の等価原理が示唆しています。宇宙システム図面は1つの分かりやすい体系です。わたしは著作などはこだわりませんので誰もがこれを発展させることが出来ます。●追伸。アニメ天国の日本が何故、物理学の権威と連携し分かりやすく興味を惹く形で浸透しないのか?政府は下らんことに金を使うのではなくこちら方面の推進に金を使わんか❗パーたれが❗アニメで夢を見る若者が沢山いると言うのに、ゲーム開発者も同じだ!●
コメントを投稿