2018年4月14日土曜日

秀五郎ブログからの抜粋です。●あゝとわの雑司が谷

僕が17~23歳くらいに曲が出来てなんだかんだで、4,5年前に取り合えず完成させた。曲が先に出来てしまうので、言語を捩込む訳ですが、半分ファンタジーな感じです さみしく変わり行く地元を旅人と己に擬人化して思いをつつ“る 感じ 家のテンポは快活でベース音♪ズッ強、コッ“チャって言う感じでアルペジオより早めテンポで3スリーフィンガーです 笛で調弦してます、あっているでしょう 歌は僕は3フレートにカポタストを挟みちょうど良い感です ~♪~・トウルルートウルル ルルー トウルルル トウトル~ルルー                                   名残の丘に独り~ 広く見下ろす 景色~放つ筈の想いが                                    沈む陽に染ってゆく~果て無き時の中で 営む古い街を~                                   思い巡らす涙だ 行く宛て無き迷子よ~だから 今夜だけ                                   甘え子の男心 懐かしき影も胸に抱いて青い月夜と戯れる                                  ~あぁ~雑司ヶ谷~ 語らぬ 旅人~佇む だけの 愛しい恋人~                                 ②                              ~いつか失うだろう 幼き頃の性も 育んだこの土地も                                     新たな波に崩れて~けれど戻ってみせる 勝利した者の様に                                  内と外との闇に討ち克ってやる時まで~今はこの俺も風任の                                 はぐれ者~慕える温もり 手探りのまま 震える小路さ迷う~                                 ~あぁ~雑司ヶ谷~夢は星の中~いつかは掴む 君をこの腕で~                                  ~あぁ~雑司ヶ谷~夢が消えてゆく~かなしい唄を口笛に変えて●近いうちに動画に出します●
コメントを投稿