2017年12月4日月曜日

ベルの宇宙船のパラドクスを分析すると。


何が云いたいかと言いますと!相対移動している視点に外部からの同時でロケットが逆に閃光しますと移動している視点はこの事象を100mである10cmを同時に認識して見ます。この2台のロケットのパラドクスは超ウルトラ級の難解さだとわたくしは個人的に思います、少なくとも容易くは在りません、超一流の専門家同士が論争する部分です。
コメントを投稿