2017年12月7日木曜日

ベルの宇宙船のパラドクスを分析します。

これならば解るでしょう⁉出発から停止までをミンコフスキー時空で分析すると。出発の真逆が再現されて停止となります。何ら矛盾はありません❗視点である人形へ光線が届くまでは見たことにはなりませんが、時間軸と交わる配置するその位置に固定空間に刻印の証拠も刻めますから本当にその状態中は物理的な配置です。バネで連結しますと壊れる場合と壊れない場合のケースバイケースです。わたくしの理解ではです。延長中は物理的な配置です。光学的な見えかたまで説いちゃいます、脳には納得する様相を見せてくれます。装置なんかで分析するとです。超分かりやすいでしょう⁉お金を取りたい処ですがまだ、わたくしのブランドが確立されていない内は怪しい分、無料にしてあげます😃ね、数式なんか全く役に立ちませんでしょう⁉図面と言う数式です。数学的にも物理的にも正しいからです。中立視点で中核の理論展開している写真絵図!詳しい解説は写真絵図を見てください。わたくしは日本人に説いているつもりです。が日本語がわかる人はお得な解説です。(^^)












コメントを投稿