2018年5月15日火曜日

2台のロケットのパラドクス、ベルの宇宙船のパラドクスを詳細に言語と言う数学よりも高度な説明をします

●私の過去ブログの編集した抜粋です、後日、これよりも簡単で分かりやすくリニューアルアップします、お楽しみに。(..)●二台のロケットの後方から観た 先頭ロケットの見え方の様子を詳しく検証致します 波の作図も綿密に次回に。。どうです?相対論は?量子論に比べて 簡単でしょ?とかナンセンスな事は俺は云いません 学問に完成は無いからです【8日 説きます。。絵図をイメージ。。今のイメージの視点は後方ロケットです。。中央からの閃光信号がキタ!加速度重力場だ、Aの先頭ロケットは、理論上光線信号を同じく受け取りV=0.8Cだ! いいですか?後方ロケットはキタ!、と、重力場だけが物理上確実、確定です 次 固定ガラスは先頭Aロケットは、全宇宙は、距離がその瞬間40%収縮です、本来の空間のスペックです性質でした 60m先に居る筈なのですが、、放たれた100m先に居たAロケットの光の残像空間も短縮し残像が60m先に置いてけぼり状態なのです 理論上固定ガラスに印した配置に変化無し ローレンツ短縮に逆らう運動体だからです「100mAという残像が」←残像。。がリアる60m先に存在している状態です


。V=0.8Cのローレンツ変換値が60%へ、自由落下中央視点は睨む空間も収縮把握になるのです、時間ロウソクの消費が1.66倍早いのですコチラ後方ロケットが6消費したら、10消費の意。てすのでね光線が伸びた倍率は?短縮=光線の伸びは、即、共有時刻のズレに等価だ、本来遥か遠方から中央はコチラに向ける形の信号発信でAロケットが配置上先発だ 元の100mヲ、縮値60mで割る なぜなら静止系自由落下のCの垣根は60mに変化し、100mを1.66倍率伸びたと、抜かすからです 光線の伸びた倍率分 つまり凹んだ分を1.66倍率 逆に補う形に、理屈になるからです固定ガラスの元の理論上0.8c加速したんですよ!位置の設定は、c=100m病(秒)・です。元の印したまんま。先頭Aロケットは、です 次 残像画像を後方ロケットは物理的にリアル、の光の情報を観ていく訳です 外部からは側面絵図で左手側0:4455秒、又はm対、右手側0:555秒またはmの地点で合流、受け取ります 後方ロケット時間では 0:277秒又は27.7mな、それがリアル感覚なのですスローにリアルに物理的になるからです、くどいが之は幻影ではない! 本題の残像をどう処理して観ていくか説きます 視点は 位置で違うでしょう?今は昼で太陽が理論上照らしています 日本を。。真裏側のアルゼンチンは夜なんです 「0:00秒100mA←~光信号~」←残画像 一枚目最初の残像画像の状態を後方ロケットは、見る 解釈は先頭ロケットは固定ガラスの元の印した配置に居る筈 0.8cでスットンだ噴射口は60mつまり40%m接近した、、この時中央信号者の光線は、短縮の真逆分伸びた、当たり前だ 相対的に同時刻はズ・ラ・る 中央さんは、進行方向の逆はケツの後部に当たるロウソクの減りが若干進行方向よりも刻が早い理屈になる訳だc定原理より。。だが、之もちゃんと中央視点に光線が同時に戻る 自由落下だから、水面の波は偏ってはいない 注))!刻み地面に自由落下系が証拠を刻む、確かにこの状態中では、刻み焼き印間隔は狭く刻まれるが、、中央視点系に合わせエンジンを逆噴射で系を同じにすれば(停止の意)間隔は、元に戻る事を忘れずに。一瞬、ローレンツ延長とも、言える、Aロケットの全長は理解上40%mになる【9日・解釈上】 固定ガラスの印した位置に居ながらケツの噴射口が迫る 次 光線画像を向かい風で受ける訳だから圧縮された早送り画像をCで観ていく。。可視光とは限らないが装置がある 理論上ではなく物理学上作用能力の情報だ 昔、小学生の頃、分厚目の国語の教科書にパラパラのコマ送り漫画をカメレオンが蝿ハエを食べるストーリーで根気よく描き遊んだもんだ、あんな感じの早送り画像だろう 後悔している もっと真面目に早く保育園を中退していれば良かったと。。早送りH画像ならイメージ出来、易い 前置きは要らない要は!mのメモり【9日・メモりが付いた宇宙。。】画像だけが166mに間隔が有るだろう解釈さっ【9日・理論上だがリアル間隔だ証拠も刻める 論に従う筈だ】理論上のメモり上のね(メモリ物差し宇宙が短縮しているから) Aの先頭ロケットがその間隔に到達致す 姿の状態ヲ、見ていく。。固定ガラスの本物短縮した六十m~百mまでの残像を見ていく 巨大バネで連結して居ても運動体の加速度系の空間自体が場だけが短縮だ、(力点が必須故)【9日・ローレンツ収縮に逆らうv=0.8c加速だから、途中経過時間があった訳です ちぎれ 壊れたc画像を観た後に力点圧的に歪み壊れる衝撃だ こういう場合も有りだ、壊れなくば】全体で同化し慣性系になると、本来後方ロケット視点君は後方ロケット(己)が理屈抜きで【9日・主観のみで】考えると先発している【9日・だが、理論で解釈するとAが先発】(40%宇宙が視点から距離に対し大きく迫る変化、故) 故にAロケットが噴射を先に加速度噴射を停止して、慣性体になる 同時刻を共有していない、【9日・言葉が足りなかった。静止時の固定ガラスは印した位置に論上・変わらない・加速で光線がAロケットに向かい伸び1.66倍率、自由落下静止系宇宙が60%に即変化の逆理由が同様成立が必然、当たり前】注))!核心的箇所ダ、!!中央自由落下系は双方ロケットが同じ刻をテンポで刻んでいないのが判る (側面絵図でも光線が長く連なっている・長く・早く刻んでいる・移動距離もね)【9日・写真絵図最後載せる 大事な箇所=双方ロケットが233m(光年ても良い)この(宇宙メモリ的な間隔が成立する時(残像画像ヲ、理論上消化した論値早送りがゆるむ意) 【▼宇宙目盛りが166mりあルだが、、画像だ×一、六六六倍=275mくらいに戻る宇宙だからです】Aが先発したから 逆転事象理解が再現される理解です(その間Aロケットは後方ロケットから遠方進行方向へ開く 宇宙メモリ上数値が不自然な感じでは、なく 之を放置致すから双方ロケットは同時刻が大きく差がついていく訳だ!直径3m岩の星上の加速度ロケットを遠方から見るイメージ。。「説明す=巨視的 地球と月の同時刻を光線でやり取り微調整だ 何故か?知らぬ間に光線定規がズレない為だ、つまり 相対する外部系に従う同時系に同化してしまわない為だ 発光源の視点へ真下 真前方レーザーを揃い戻す理だから!ね。拡大化する放射波」外部からは、だんだんと波は拡大するからだ!大きな配置に遠退く筈だメモリ上デスガリアル、短くなる様子はメモリ宇宙の方 注))!外部メモリ上の錯覚デスガ、最後は相手と比べるから相対論であり無視出来ない対象の存在でしょ?一般ですぞ!) 先発した先頭ロケットAが加速度噴射を後方ロケットよりも、直勘(感)で先に切るのは理解出来ましょう?ココ! 後方ロケットが噴射を切った慣性なAロケット画像ヲ、見た!瞬間、発進した真逆だ 後方ロケットの加速度噴射ヲ、止めて見掛け重力場加速度から解放されて慣性になる (この状態保持時)超重要!その時点で、両方 発進致す前のヤハリ固定ガラス印しは同じ位置でメモリ(失礼、固定ガラス)が100mヲ、の、メモリ(印し配置だが外部静止系宇宙メモリなんですが、、【▼短縮してる宇宙目盛上、一、六六六m】・倍率車間距離な間隔)画像やらに、(大きく距離を進んでいる意)(166【▼一、六六六m】間を空けの意 思考直し治しで語ります本来静止系メモリは60m%が今は元の100mなんだ と言う事を忘れズニ!)なっています (そして逆噴射停止が、、)自動車運転の前方不注意追突な感じ 突然仕方がない、画像ヲ、見た時点が既に166m【▼一、六六六短縮宇宙目盛り】感覚から最短噴射停止慣性を実現しても遅いのです 行き過ぎる (間隔だ宇宙メモリ的に)100mに宇宙メモリ画像ヲ、見ますし!なってしまいますし(静止系宇宙にしたら1.66倍なんですマダ、、ネ!)リアル間隔距離ですハイ、静止系宇宙に停まるには、逆噴射をせねば為りません、自由落下静止系宇宙60m%のcの垣根が徐々に100mに復元され【▼言葉が足りなかった。ローレン延長の逆さ、がくる、再現される訳だ!100m固定ガラスのAロケット噴射口が166m画像が▼百m固定ガラス位置にあり画像166m~百mに伸びながら、Aロケットの瞬間停止はv=0.8cから、コチラ後方ロケットとの相対速度0、宇宙目盛り的になる完全停止になっていく感じで まだ短縮している宇宙目盛り六十mが100mへかえり戻る(本来は幾何学的な徐々に固定ガラス百Mがサンドイッチ60m→百))┃((M←166m≫されながら戻り行く姿の意)】【メデタシ!逆回転録画です、双方ロケットも元の100m】中央は観測上も跳ねっ返る信号はcとcで同時に受け取って戻る がっ、、波長的強弱バネの濃度、コマ画像数が違うしドップラー効果的光線的届き方も違う双子のパラドクスな理解 10万光年銀河で考えれば早い 僕の記事に3箇所の質点系を沢山考察して居ますですハイ、外部から中央さんも同時3連動させると、真下真横に放った光線はどいつもこいつも視点に戻らないでしょう?短縮して居ないと巨大な力点が要る巨大バネ 系自身が信号発信なら微調整で巨大1台ロケットと言えよう 結論わ!=外部の系から強引に同時連動させたツモりでもデスね~先方さんとの価値観 否、同時刻観がc原理にて強引に同時刻観を押し付けても真逆の同時刻観なので共有が所詮根が違うのでドンドン時間次元が大きく差になるのです・ 重力場でも上空は、後方ロケットに見立てた地上より側 近い方がのろい、スローだ 真上に脱出致す光は力を使うエネルギーが消耗する 重力場エネルギーが密度が濃い 光線束もinコースの隊列兵隊は外周に合わす 長い外周はロウソクが早く刻が早い光が長くinコースより走るからだ!3mの直径【9日・岩の星】に乗るロケット亜光速度の進行方向に遠目から観た【9日・真前方】脱出光線の要領 速度合成式だ 再度、重力場は川の流れに逆らい流されまいと必死にオールをこぐ人に例えられる 空間の場自体が常に自由落下している 0質量とて自由落下して居て俺は直線だ!と思っている 二次元風船住民 本当はリアル宇宙も同化しどう比率で拡大加速度しているかもね?!理論解釈が現実に相対論が一番実験データに事象に沿うのよ! 光速度は「(理論上)解釈」速度がたがう 原理に反しない だァ~が~らぁ~観測者視点に届くはc速度だから、いま宇宙わ!、。「(理論上)解釈」曲がっていると出来るが、、観測者視点に届く光は同じく直線最小最短でしか観測できないのです、湾曲したらcとて寄り道したら【9日・意味なく寄り道の意】c原理が崩壊しますね、いま宇宙わ!。曲がりに逆らう 直線は、球体二次元と同じ、急がば回れだ 最速最強のc光的な波な人間も遠方から直線で行けと思うが c速度以上の勢いとスピードがエネルギーが要りまして質量物は無理ムリな理屈だ!c速度の支配下です゜知らぬ間に強制短縮です 物理は、ハチミツの中の例え。。(これは今度ね)外部側面絵図では同時加速だこれが相手系にとってそもそも同時刻では無い、波の間隔の開きは外部からしか把握出来ないだろう光線だけが頼り 【▼このローレンツ短縮、同時刻の相対性はテっテい的に中立視点で理解させます】相対論は相手の立場とて両立し巨視的にも矛盾が無い 注))!数学はと言うおかずのお勉強ではありません、言語と概念で説けなければ理解したとは言えません、量子論の様に数式さえ答えさえ合っていれば良いのとは違うのです!言語も図も、脳が納得致せば立派な数学といえると私は思うのです
コメントを投稿