2018年5月21日月曜日

●秀のやしろ宇宙システムでエントロピック重力理論を説くと●地球からベテルギウスへ:光速の99%で宇宙旅行

                 エントロピック重力理論やホログラム宇宙を秀のやしろ宇宙システムで説けば視点mが急加速によって進行方向の天球の★星は集まりだす、進行方向はエネルギーが高い状態です、相対論の効果は勿論の事、光行差現象によってこのようになりますが、真後ろは逆に密度が薄くなって行き膨張宇宙とエントロピー増大を示すものと出来ます、このシステムに事象が凝縮反映されます、この体系で全て説明を試みます、必ず実益的な予言と神秘の解明に繋がると確信しています、体系で物理を説く、新しい発想です、この体系の中に宇宙の神秘を解く鍵が隠されています、宇宙の拡散膨張に伴い見かけ上の重力の発現と光行差に伴う重力の発現と天球に映し出されたホログラム宇宙です。
コメントを投稿