2018年2月8日木曜日

秀のやしろ宇宙システムによる重力の大まかな説明

おはようございます。重力は宇宙の膨張によって引き起こされると私は語ります、重力の原因はこれ以外に説明の仕様がない、空間自体が曲がっていると理解されているので二次元球面に同化した質量はこの表面が膨張することに因って相対的に密度が希薄になる、故に質量に見掛け上、吸い込まれていく理解になります、つまり表面に例えると直交する時間軸の各々表層毎にアニメのコマのようにとびとびで時空を形成していると出来る、その異差に因って生じる訳である、これは光行差に因って、その瞬間瞬間の異差に因って、私が予言した光行差が重力現象と等価であるとした理屈と調和する、非物質の質量を持たない光は地表で例えると岩盤を貫通出来るわけであります、これはその方向に、つまり四次元時間軸にエーテルの様に性質のモノが存在する事を示唆します、量子論の波と個の値の二重性を解決する糸口になります、今はここまでの説明に留めておきます、再度、もう一度秀のやしろ宇宙システムの概略絵図を載せておきます、この宇宙モデルが解決するはずです。

コメントを投稿