2017年4月3日月曜日

光行差は2次元の壁面に投影反映された様相の意味合い

この様に重力場と自由落下に於て重力加速度と理屈が等価と睨んだかつてのアインシュタイン博士の直感的な予想が利便性を発揮したように光行差現象は実素球体のシャボン玉の2次元住民に同化しへばりついた観察者視点mの進行方向の対極点が事実上の特異点やブラックホールと想定した場合見掛けの上ではシャボン玉球体の中心を経由して最果ての直径は多仮想素球体(シャボン玉のイメージで)の全ての方向に自由度を持った半径となりますが、これはスピードアップに伴い進行方向に周りの★星ぼしは、つまり移ろいゆく様子はまさしくシャボン玉の中心方向にを貫き観た内壁球体のスクリーンをブラネタリウムがイメージし易いでありましょうから喩えますが重力方程式の反映であります!何故、計算せずとも予言出来るかと言いますと、再度、大切な、忘れがちな初心の一般相対性原理であります、これはホログラフィ原理的な宇宙論の考え方となんと同じなのでありました!パズルの断片は絵画の額の縁だったのであります。皮肉と云いますか。。光の電磁波は再度、意外かも知れませんがエネルギーがm モノに当たって網膜に到達致しますから量子力学的な波動関数の見えない鋳型的な存在の理論上でしか推し量れない存在の濃淡的な確率の様な理解であります、実素球体に同化しへばりついた我々の住む3次元と時間軸を含めた4次元に措いてシャボン玉の拡小が4次元方向に密接に絡み合いリーマン幾何学の概念を形成して居るとも出来ましょう3次元は2次元と相対論は語りますから、3次元は2次元押し込まれ4次元は3次元と出来ますと地球上をシャボン玉の2次元に喩えますと岩盤マグマを抜きん出て貫通出来る存在は質量を完全に移動拡散に100%開放し動かしにくさを無くした質量ゼロの存在なのであります!故に三角法に拠ると宇宙はほぼ平坦なのは驚くに価しませんでした。最後に対極点に★星が移ろい落ちて見掛け上は見える、2次元スクリーンに換算した移ろいは方程式を反映しているはずです!光行差は立ち位置に因らず重力場そのものなのです、以前にもエネルギーが塊で帳尻合わせを施行しているとブログにも考察記録がありますが正に然りであります、では重力が幻影としても、移ろう反映は何が起因しているのかでありますが!エネルギーを持つ視点塊、意図も含め流転幅を持つ4次元の何かであります。ここで一度筆を置きます。
 新相対デルタクロイツ!勝利と栄光の私が22歳の時に拵えた夢の富と栄光と繁栄と崇高な刻印です!科学とは関係がない男の無邪気な夢であります。


コメントを投稿